テーマ:弊社の紹介

見学に訪れた、飯田市美穂保育園 年長ひまわりぐみの皆さん

松岡屋醸造場インターネットショッピング 平成23年3月1日に美穂保育園の年長ひまわりぐみさんが工場見学をしに来ました。見学中はしょうゆ、みその簡単な作り方を説明し、現在発酵途中のモロミやみそを舐めていました。園児たちは興味津々で、「おいし~」と言ってました。自ら質問をする子もいて我々も驚くところでした。 その後、美穂保育…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

麹(糀=こうじ)とは??

麹(糀=こうじ)とは、みそやしょうゆ、お酒を造る上で必ず必要なものであります。 松岡屋ではしょうゆやみそを製造する際、麹(糀=こうじ)から拘りをもって造っております。 上記の写真はしょうゆを製造するための麹です。一般的に見る糀とは全く違う状態でありますがこれが松岡屋のしょうゆ糀なのです。蒸した大豆、小麦を炒って粉抹にしたもの、こ…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

弊社のしょうゆ仕込み原料について

  弊社の信州しょうゆ仕込みは、すべて国産原料を使います。 国産大豆(北海道、茨城) 国産小麦(長野県) 海水塩(徳島県) 使用する水(長野県飯田市※名水百選に選ばれた猿庫の泉水系 の美味しい水で…
トラックバック:1
コメント:4

続きを読むread more

しょうゆモロミを搾る(圧搾)

下記の写真は、しょうゆモロミを圧搾している写真です。 布にモロミを適量入れて畳む、と言う作業を繰り返し何十段にも積んで自然の重みで生揚げ(火入れしていない生のしょうゆ)がゆっくりと染み出てきます。急がず一滴一滴搾ります。その後油圧式圧搾機で搾っていきます。この写真でもゆっくりと染み出ているのが分かります。
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

しょうゆの火入れ!!(動画)

しょうゆを火入れしている様子です。蛇管(じゃかん)と呼ばれる管に蒸気を通し、生揚げ(搾ったばかりの生しょうゆ)の品温をまず60度まで上げます。ここで3時間放置し、酵素を活性化させ旨みを出し、オリなどが形成し始めます。その後、品温を85度まで上げ完全に酵母や酵素を失活させます。この動画は60度で3時間放置後すぐに撮影したものです。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

初めて東京に出展して参りました!!

                (左 息子長男 右 社長) 9月26、27日に「ふるさと大信州市信州まるごと産業フェア」ということで東京ドームシティ プリズムホール(東京ドーム隣)で開催され、初めてこのような大きなイベントに参加して参りました。二日間で約2万5千人の入場者がありました。上記写真は松岡屋醸造場がみそ、しょうゆ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ご挨拶

家業として480年余りの歴史を持つ弊社は、文政元年より味噌しょうゆ造り を始めて以来、大量生産に移行することなく、今日まで出来る限りの手造り生 産と、お客様への直接販売を基本理念にして参りました。 原料や資材の大量仕入れ、オートメーション大型機械による少人数生産をすれ ば、確かにコストは下げられ、均一商品が安…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

大正時代

        上記の写真は大正11年1月2日初売りの時の写真です。            上記の写真は地域貢献に対する表彰状です。
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

人気ギフトセット!!

          A(松錦1000ml×2、二年みそ1kg×2)3636円        B(松錦1000ml×2、二年みそ1kg、糀みそ1kg)3405円        C(松錦1000ml、白露1000ml、二年みそ1kg×2)3478円     D(松錦1000ml、白露1000ml、二年みそ1kg、糀みそ1k…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

みその発酵、熟成

この上記の写真は2009年8月に仕込んだ糀みそです。仕込みから一ヶ月が経過し、大豆が少しなじんでみそらしくなってきました。耳を澄ますと「プクッ」と音がします。みそ酵母の働きにより炭酸ガスが発生しているからです。アルコールも出ていい香りがします。しかしまだ熟成が必要です。  これを二年間以上熟成させると下記の写真のようになります。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

しょうゆの発酵、熟成

この写真は、2009年冬に仕込んだしょうゆのもろみです。仕込みから7ヶ月が経過しています。  5月連休頃からプツプツと泡が出て今では大きい泡が顔を出しています。これが発酵です。 しょうゆ酵母により炭酸ガスとアルコールを出し、炭酸ガスが泡となって出てきます。 アルコールによりとてもいい香りがしてきました。  この段階では一…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

しょうゆ桶(おけ)、パンフレットなど

伝統の杉樽  今では造り手がいなくなった杉樽を100年以上使い続けています。しょうゆの味の決め手となる酵母菌は、この伝統の杉樽に住み付いて松岡屋のしょうゆの味をかもしだし続けています。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

松岡屋しょうゆ、みその紹介

松岡屋醸造場インターネットショッピング                上記写真左から 松錦1800ml、 1000ml、500ml 本醸造濃口二年しょうゆ。松岡屋で一番人気なしょうゆであり、お刺身、やっこ豆腐、卵かけご飯にオススメ。再仕込で濃厚なため塩味がマイルドです。   松誉1800ml、1000ml 本醸造濃口し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more